きみのことが好きだよ

きみがぼくのこと知らなくても

夏フェス常連が考えるARASHI BLAST in Miyagiへの準備

ARASHI BLAST in Miyagiまであと2週間ということでツイッターで需要ありますかね~と書いたんですけど特に反応もなく…自己満足でしかないですが書きたかったので書きます。

私は2009年から毎年夏フェスに参加しています。毎年行っているのは山梨県の富士山の麗、標高1000メートルの会場で行われるSWEET LOVE SHOWER。会場が山なので天気がコロコロ変わります。そのため雨対策はもちろん晴れ対策もしていきます。会場は山中湖交流プラザきららという公園なので、雨が降ると田植えフェスと化すことでも有名です。

こんな感じ。毎年こんな感じになるので年々対策は強化されました。今回は6年分の経験をコンサートでも役立てられないかな、と思って書きました。コンサートというよりフェス目線なのでいらないものもあるかと思いますが参考になれば幸いです。

 

基本的な持ち物

チケットや貴重品は勿論なので野外でカバンに入っていると良いものを。

  • 飲み物
  • 軽食
  • ゴミ袋、ジップロック、レジ袋
  • ウエットティッシュ
  • 携帯式充電器

夏場ではないのでそれほど暑くなることはないと思いますが、飲み物は必須です。会場で買うことは困難だと思われるので、あらかじめ買って行くことをお勧めします。また、凍らせたペットボトルで持って行くと冷たいまま飲むことができるのでお勧めです。

 

 

 これは自宅や宿泊先であらかじめ作っていく方法ですが、今はコンビニにも凍らせた飲料が売ってるので(時期的に厳しいかもしれませんが)それを持って行ってもいいと思います。

 

軽食はカロリーメイトウィダーインゼリーなどを。グッズ購入や移動に思いのほか時間がかかってご飯が食べられなかった!というときにもとりあえず食べておけば安心です。また、塩飴を持って行って塩分をとることも体力の維持には大切です


袋は雨が降ったときに荷物を包むために使えます。ゴミ袋を持って行けば手荷物は大体入れておけます。また、ジップロックは携帯電話などの電子機器を入れておけば雨に濡れても安心です。レジ袋はお尻の下に敷くこともできますし、ゴミを入れておいてまとめて捨てるためにも使えます。

意外とあると便利なのがウエットティッシュです。会場ではトイレまでが遠かったりするので、とりあえず手が洗いたいときに持っていると拭けるので便利。携帯式充電器はモバイル機器の充電に。コンセント等ないので持ち歩きをお勧めします。

 

雨対策

雨対策はやりすぎなくらいやっておいた方がいいです。

  • レインポンチョ
  • カッパ
  • レインブーツ
  • タオル

レインポンチョとカッパをあえて別に書きましたが、2つ持って行くことをお勧めします。私は今年のフェスでカッパの上からレインポンチョを着ていました。なぜなら意外とレインポンチョは肩から雨が浸みてくるからです。カッパはどこにでもあるような安いやつでしたが、二重にして着ると雨も浸みないし昼間なら半袖Tシャツ一枚でも十分過ごせるほど防寒にもなります。また、ポンチョには防水スプレーをかけていくことをお勧めします。防水スプレーは十分乾かさないと効果が出ないので事前に自宅で準備してください。

今はネットで探せば安くて柄がかわいいものもたくさんあります。私はこういう風に袖口がボタンでとめられるタイプを使ってます。背中にリュックも背負えます。

 

レインブーツですが、デザインで選ぶと失敗することが多いです。コンサートにおしゃれをして行きたいとは思いますが、ハイカットスニーカーのようなレインブーツは上から雨が入ってくるのであまり意味がありません。6年目にしてたどり着いたのはこれ

 私が持ってるのはこんなにおしゃれじゃないです笑。こちらは履き口が絞れるタイプ。私の使っているものは農作業用みたいな履き口がゴムになってるやつです。どちらでもいいのですが、とにかく雨は履き口から入ってくるので、足にぴたっと密着させることが大切です。

タオルは肩からかけてその上からカッパを着るといいです。雨が浸みるのを防ぐことができます。嵐はフード付きタオルが出ているので、あれは便利だなぁと思います。また、数枚持って行けば普通に濡れた時に拭くためにも使えます。

 

晴れ対策

 

意外と忘れがちなのが晴れ対策。9月といえども日差しはそれなりにあります。特に日焼けの対策は抜かりなくしましょう。

  • 日焼け止め
  • 帽子
  • サングラス、目薬
  • リップクリーム

日焼け止めは液体のものとスプレーのものがあると便利です。あらかじめ液体のものを塗っておいて、現地ではスプレータイプを使うことをお勧めします。とくに顔はメイクをしていると塗りなおせないので上からスプレーすることで日焼けを防いでください。また、耳とつむじにも塗ることをお勧めします。帽子を被っていればある程度防げますが、耳やつむじは直射日光が当たる箇所です。私は塗り忘れて後日皮が剥けて皮膚科のお世話になったことがあります…さすがに9月の宮城でそれほどまでにひどい日焼けをすることはないと思いますが念のため塗っておくとよいでしょう。

 

帽子はつばが7センチあるとほぼ完全に顔の日よけができるそうです。私はあまり帽子が好きではないので被りたくないのですが、被ってるのと被ってないのとでは太陽からの頭の守られ方が違うのでフェスではずっと被ってます。コンサート中は後ろの人の視界のために脱ぐのがベターだと思われますのでTPOに合わせてください。

 

サングラス、目薬とリップクリームはあればいいかな、といった感じです。私は今年忘れました。目もけっこう日焼けして充血するので、サングラスをかけるとか目薬を点すとかで対策することをお勧めします。同様に唇も知らない間に日焼けしていてシャワーしたら痛かったなんてことがよくあるので、UVカットのものを選んでこまめに塗るといいと思います。

 

リストには入れませんでしたが汗の拭きとりシートや冷却スプレーなんかもあるといいかなぁと思います。ただ私は普段使わないので持って行っても使うのを忘れてただ荷物になっただけ、なんてことがここ数年の恒例です。普段使っている人は持っていくと活用できるかと思います。

 

その他

 

コンサートに持っていくうちわや双眼鏡、メモ帳なんかですがそれはここより詳しく書いているブログがあると思いますのでそのあたりを参考にしてください笑。なんにせよ防水のものが良いかと思われます。メモ帳は水にも強いものに油性ボールペンの組み合わせが良いでしょう。うちの売り場*1にあるのはこんな感じ

検索したらダイソーにも撥水のメモ帳があるみたいですね。油性のボールペンは個人的にジェットストリームが好きです。細いとペン先がつぶれるのである程度の太さ(0.5~0.7)はマスト。

 

最後になりましたがこれ便利だよ!やこれはいらないよ!があればコメントでもリプライでもいただければすぐに修正しますのでご指摘お願いします。少しでも参考になれば幸いです。楽しいコンサートになりますように!

*1:バイト先が文具売り場