きみのことが好きだよ

きみがぼくのこと知らなくても

もう自担に対して思い残すことはない。

担降りブログではなく世界一幸せな平野担としてのブログです。

 

1月5日、ジャニーズハッピーニューイヤーアイランドを観劇してきました。「控えめに言って最高だった」はよくネットで目にする言い回しだけど、控えめどころではなく、本当に本当に最高の舞台だった。そして私は自担に幸せにしてもらえた世界で一番幸福なおたくだった。

 

帝国劇場と平野紫耀くん、2014年はドリボ、15年はジャニワ、16年はジャニワとジャニアイ、17年はジャニアイと所謂「ジャニーズワールド」系統の舞台に毎年出演していて、そのたびに私はなにかしら思うところがある、というような因縁の劇場と公演でした。16年のジャニワは真面目に踊ってくれと懇願したし、17年のジャニアイは役の解釈違いでもやもやしていた。舞台に立つ姿を見ることは大好きだけど、心から満足して観劇を終えられたことはほとんどなくて。でも、今回のハピアイは観劇後の満足感と幸福感がこれまでにない舞台で、それは演出と構成が素晴らしかったからだけじゃなくて紫耀くんがひたむきに舞台に向き合ってくれているからだなぁ、と感じました。

 

紫耀くんは昨年座長を務めたジャニーズフューチャーワールドを境に舞台に対する姿勢が変わったなとずっと思っていました。16年のジャニワで私が頼むから真面目に取り組んでくれ、と思っていたのは、自分がメインじゃない時に舞台上でずっとふざけていたり、手を抜いて踊っていたりしていたからです。当時から社長のお気に入りで前列にいたにも関わらず、適当な態度で舞台に立っている姿を見て正直イライラしていました。でも彼は座長に抜擢された。座長という肩書きを与えられ、主演を務めたことで舞台に対する意識が変わったと思います、17年のジャニアイで手を抜いていると感じることはありませんでした。役の解釈違いに関しては個人的な意見なのでここでは書きませんが、姿勢や態度や気持ちの面で最前列の中央で舞台に立つに相応しい意識と責任感を持った人になったなぁと感じていました。

 

今回のハピアイ、一幕はこれまでのジャニアイのダイジェスト版(一番近いのは17年9月のもの)で二幕は東山紀之さん出演のショーになっています。一幕の感想は「これまで3時間かけて見せられたものはなんだったんだ?!」だったんですけど、まぁこれは私が初見じゃないからですね…9月のジャニアイから宇宙に行くところと喧嘩を抜いてそれぞれの持ち歌をメインにしたらこうなる、みたいな感じです。正直この時点でどの年のジャニアイよりまとまってて見たいところだけ見れてよかったなって思ったんですけど、二幕が!!二幕が!!最高すぎてアドレナリンどばどば出て脳が溶けてババロアみたいになって「無理」しか発言できなくなったのでハピアイはやばいシャブです(断言)

 

ワイドショーで映像流れてるしパンフレットに曲目書いてあるから事前に曲も演出もなんとなく知った状態で観に行ったんですが、実際に見ると圧倒されます。40人が同じ黒いタキシードを着て一斉にブギウギキャットを踊るんですが、もうその時点で最高。たしかに自担を捜せ状態になるんですが、逆に言えば個を殺して群衆の一部になって踊る自担なんて見るの初めてだったんですよね。若くて顔のいい男の子たちの有象無象の集団が激しい振付を必死に歌い踊る、その中に好きな男の子がいるの、どう考えても最高でしょ?!ブギウギキャット~ABCまで踊り続けて一度はけてジャケットを脱いでシャツを腕まくりして蝶ネクタイを外してZOKKON命を踊るんですけど、いや、あの、本当に最高すぎて無理…ずっとダンスが激しいからだんだん険しくなる表情も浮かぶ汗も全部が美しくて、永遠に見ていたい自担ナンバーワン。二幕に閉じ込められたい人生だった。あと個人的に君だけにのテロテロの薄い衣装がえっちすぎて双眼鏡手放せなかった。表情の作り方も好きだったけどあの薄い布越しの肉体が無理すぎる…青春アミーゴの半袖シャツからのびるパツパツの二の腕も肉感あっていいけど、逆に見えないからこそのエロスみたいなのあるじゃないですか(脳内が中学生)突然喧嘩が始まる青春アミーゴはナイフ持ってる時のギラギラした目が最高です。

 

ツイッターで「東山さん構成演出のプレゾン」って言われてるの見て、私プレゾン見たことないけどそれな?!って思ったしこんなに最高のショーを作りあげてくれて感謝しかないし生きてるうちに見られてよかったな…って真顔で思うくらい最高でした。ダンス、選曲、演出、衣装、曲の流れ、どれをとっても文句を言いたくなるところがなくて、本当にストレスフリー大満足アドレナリンどばどば(二回目)そしてそんな最高の舞台に真摯に、ひたむきに、真面目に向き合ってくれている紫耀くん。舞台に臨む高い意識や矜持を感じられて私は本当に幸せでした。アイドルに求めるものなんて人によって違うけど、私は舞台に立つ以上最低限の責任感を持って真剣に演目に取り組んで欲しいと思っているので、紫耀くん自身が高い意識の中で舞台に立っているその覚悟や気概が本当に嬉しかった。自分の求める理想の姿とそれ以上の高みに立っている姿を目にできるの、これ以上ない幸せですね。

去年の9月にセリフで「もっと高みを目指さなきゃダメなんだ」というニュアンスの発言をしていて、その時はデビューもしてないのにこれ以上高みを目指せなんてどこ見たらいいんだよって思ってたんです。でも紫耀くんは本当にもっと高いところを見てたし、デビューだけが高みに登る手段ではなくて、本人の意識や与えられる環境次第なんだなって思いましたね…私の理想は紫耀くん自身が超えてくれるから私はもう紫耀くんに対して思い残すことはありません。もちろんデビューしてほしいし現時点で最終的に私の求める着地点はそこだから今降りたりファン辞めたりとかはしないけど、こんなに幸せだったことがここ5年ファンやっててはじめてでこれ以上なにも言いたいことがなくなっちゃいましたね。紫耀くんのファンでいられて本当に幸せ。こういった環境や舞台を用意してもらえたことも、真摯に取り組んでくれている紫耀くんにも感謝しかありません。あぁでも本当に最高で幸せで、この言葉しか出てこない。

 

最後に、今回はじめてアンケートが設置されています。フライヤー立てにひっそり置かれてるからなかなか目に留まらないかもしれないですが、観劇して思うところがあったら書くべき!なのでぜひアンケートのこと覚えて帝劇に足を運んでいただければなと思います!(どんな立場)好きなこと書けばいいし映像化希望とかもいいと思うけど、私はまずアンケート設置してくれてありがとうございますって書かなきゃなって…いや、友人の受け売りなんですけどね…下々の者の意見を聞こうという珍しい事務所からの意思表示なのでそれをこれからも継続してほしいじゃないですか…ネットの意見とかも事務所の人は見てるっちゃ見てると思うけど、やっぱり実際観劇しましたよって人からの直筆の意見ってネットの書き込みより重要だと思うんですよね。ちなみにファックスと郵送でも受け付けているので(宛先は帝劇です)地方民にも優しいです。私は用紙だけ持ち帰ってきたのでこれからゆっくり書きます。

 

2018年現場はじめがハピアイでよかったし今年の紫耀くんは絶対私を幸せにしてくれる!だから安心してファンでいられます。今年は紫耀くんの活躍をなるべく自分の目でたくさん見られるといいなぁ。